toggle
2017-12-19

【WEB内覧会⑧】北欧家具のダイニング

こんにちは(^^)WEB内覧会も8回目。

今日は我が家のダイニングを紹介したいと思います♪

ダイニングの家具はどれも一生使いたいと思う家具たちです!




ダイニングは北欧家具も取り入れて北欧インテリアを目指してます♪

では我が家のダイニングのご紹介~♪

北欧チェアの似合うダイニングテーブル

まずはダイニングテーブル!

ダイニングテーブルはインテリアショップFILT.さんのものです。

デザインが本当にすてきで、特に脚が丸脚なのに全体的に凛としてみえるところや、テーブルの角も直線部分も丸くて見た目にも子供にも優しい。脚の上部分のオシャレな感じ。あと側面のゆるやかな曲線も!

北欧デザインの椅子と相性ピッタリです!我が家もNo42のヴィンテージチェアと一緒に使っています。

もう形やデザインがステキすぎます!

ネットでも店頭でもいろんなダイニングテーブルを見たんですが最終的にこのテーブルに行きつけて本当に良かったです(*^-^*)

ダイニング横の壁についてはこちら↓

リビングはアクセントクロスをやめてペイントに!北欧風ブルーグレー

ダイニングチェアはNo42のヴィンテージチェア

ダイニングチェアは早い段階でカイクリスチャンセンのNo42にしようと決まりました。

理由は座り心地とデザインです。

夫婦ともに長時間座るなら絶対にクッションを置きたい派なのでクッションの椅子を探していました。

 

 

このNo42は座面もクッション、腰部分もクッション!

しかも背面は少しリクライニングしてさらに座りやすい!しかもこのオシャレなデザイン。

もう即決です。w

あとはヴィンテージか、宮崎椅子製作所で作られているものにするか。

↑こちらは宮崎椅子製作所が作っているNO42。すごく人気があって数ヶ月待つみたいです!

はじめはヴィンテージの存在を知らなかったので宮崎椅子で注文しようと思ってました。でもfavorさんでヴィンテージ家具をみて、1960年代ごろにデンマークで使われていたものという話を聞いて、そんなに長く使われる家具ってなんて素敵なんだろう!ってわくわくがとまらず。No42はヴィンテージチェアを買うことにしました。

そして生地は私はイギリスRONOのホワイトのチェック、旦那さんはヌメ革にしてもらいました。

子供のイスはトリップトラップ

子供用のイスはSTOKKEのトリップトラップのホワイトです。

これもさすが北欧デザイン!スタイリッシュでおしゃれです。似たデザインのものが半額以下で売っていて迷ったけどストッケにしてよかったです。

あとは子供部屋に普段は置いてあるイスたちも人が来たときは使ってます♪→新しいダイニングチェアを買いました&我が家の椅子紹介

FUTAGAMIのペンダントライト

すごくかっこいいです。フタガミの三角錐ペンダントライト。真鍮でできていて、内側がゴールドな感じがダイニングをいい雰囲気にしてくれます。富山県の真鍮の鋳物メーカー『二上』が立ち上げた生活用品ブランドの『FUTAGAMI』のものです。

ダクトレールなので位置も移動できます。

このライトも注文してから2か月くらいは待ったので家具はなんでも早めの注文が大切だなと感じました。

↑ペンダントライト以外にも真鍮の雑貨がいろいろあってどれもとてもステキです。

関連記事:フタガミの照明をダイニングに♪真鍮のペンダントライトで経年変化をたのしむ

ダイニングの後ろにあるカウンターデスクの壁の色と相性もいい感じです!

カウンターデスクはこちらで紹介しています。

【WEB内覧会④】『造作カウンターデスク』趣味スペース&収納をつくりました

↑ダイニングに飾ったポスターはシンプルでどんなインテリアにも合います(^^)

今はキッチンとダイニングテーブルを離して動きやすい配置にしてますが、いつかキッチンとくっつける配置もやってみたいな~と思ってます(^^♪

関連記事:【WEB内覧会②】キッチン⑴後悔なしのアイランドキッチン

こんな感じの我が家のダイニング2017年冬ver.でした!また季節が変わったらWEB内覧会こりずにやりたいですwインテリアのこと書くのすごくたのしいです(*^-^*)その時までには写真の腕をもう少し磨きたいな!

 

こちらでもWEB内覧会開催中です♪

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ
みんなのWeb内覧会

 

今日も読んでくださりありがとうございました♪

 

次は【WEB内覧会⑨】タイルとオープン収納の『造作洗面台』です!

 

リビングはこちらから↓

【WEB内覧会⑥】TRUCKのFKソファの似合う広めの『リビング』



スポンサーリンク

関連記事